> 著者紹介
icmi(19)女


専門学校で映像の勉強中
実験映像で洗脳されてます

学外では、舞台撮影の映像制作会社でビデオカメラマンのアルバイト。
一チョ前にもうカメラ回してますよ。


--------------
*book mark*
-blog
*対角線の筒抜け蓮根ダイアリー
*大和女幸@IRO
-place
*KAMOME


> お気に入りブログ
<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
切り離し作業
■近々、MIXIとこのブログを切り離そうかと思ってます。
いや、なんとなく。

こんだけ恥さらして今更切り離すもくそもないなんて言われなくても分かってるけどでも。
なのでブックマークはお早めに(黙れ)


■5月のブログの記事数が。
みなさーん1ヶ月は何日ですかー?

・・・・・


2006年 06月 7件
2006年 05月 32件
2006年 04月 2件
2006年 03月 5件
2006年 02月 10件


どんだけ吐き出してんのあんた。
ここは皆さんの目に触れる公の場所なんですけど。

恥ってなんだろう。


■明日はなぜか、クラスの男と二人で巨人戦を見に行きます。
さてさて。
f0021867_2593095.jpg

[PR]
by FROG-ing | 2006-06-15 02:19 | 日常生活
パンク寸前のFUNK
■今日は自分の心がゆとりゼロでした。
うーんイカン。とは思わない。
だってしょうがない。

目先を追ってもしょーがない
見つめるべくはもう一つ先の未来

モトカレのことは気に入らないけどこの言葉はちょっとだけ名言です。
ジャスト自分の中

限界作った瞬間人は成長が止まるといいます。
でも自分の力を過信して程度の図れない人間も迷惑な存在だろうから
自分に出来ることをその瞬間にやればそれでいいと思います。
そのギリギリんとこでやってきたいよね。
もちろん楽しく。



今私が抱えているもので自分に限界を感じるものといえば
焼き場のお兄さんとの恋愛関係以外何もございません。

いや!それすらも限界なんて・・・ふふふっ(迷惑な存在)
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-14 02:14 | 日常生活
きました遂に初現場
■昨日はあの一件以来、初の現場。

前日に社長から電話がかかってきた。
「もうバイト出れそうか?」
って。
それだけで優しさを感じた。

逗子の合唱演奏会の現場。
メンバーを会社のサイトのシフト表で確認する。
こないだ呑みに行った先輩二人と社長と
私がモトカレに片思いをしてるときから私たちの事を知っていたMAさん。
と、最近準社員になった同期で、彼が居なくなった事を真っ先に教えてくれた人。
(去年10人以上バイトとして入って残ったのは私と彼のみなのだ)
+その日がはじめての新人さん。
の6人だった。
優しさを感じたシフトだった。

でも。

しょっぱな同期に挨拶しても冷たく返された様な気がしたり、
MAさんに挨拶してもシカトされるし
(後から聞いた話だと、ネタでシカトしたものの私が食いついてこないから焦ったらしい)
社長にも新人に私の紹介をするときに
「一年前から居るicmiっていう子。要注意人物だから気をつけて」
って言われて冗談だとは分かっていつつも
「要注意ってなんなんすか!」
ってつっこんだら
「要注意だろうが!」
って言われてマジで落ちてみたり。

そんなこんなでホンキで辞めるつもりだったんだけど。

昨日は準社員になった同期のアイ君が初スイッチャーで。
そのことだかなんだか忘れたけど、なにかで話しかけられて、
それがすっごいいつも通りでそれが凄い嬉しくて。

その後は皆と普通に話ができて、
モトカレの残していった仕事のあとを引き継いでいるサカさんとも(彼はフリーの音職人)
「最近、こっちの仕事ばっかですか?」
「ああ。尻拭いな(笑)」
っていう会話が出来たり。

帰りも、事務所に向かう車に直帰の予定だった私を無理やり乗せてくれたり。
「いいから載っとけ!」
って。

車内では社長がこないだ呑んだ先輩二人の関係を疑っていて
「いいかー!社内恋愛は禁止だからなっ!」
「ごめんなさーい!もうしません!」
「笑」
って。
なんていうかな徐々に気を使わずに話をしてくれたんだ。

すっごい人の温かさを感じたんだまじで。

事務所についても、制作主任が
「お。久しぶりの顔だ(笑)」
って笑って迎えてくれた。

元彼の残していったものを遺品って言ってネタにしてみたり。

この場所に戻ってこれて本当によかった。
本当にダイスキだ。
気を使わないといけないし、面倒くさいし、ただの小娘だし
切ろうと思ったらカンタンに切れるのに、まだ私を使ってくれる。
本当に嬉しい。
この会社の力になりたい。

その後みんなでご飯をいつもの定食屋さんに食べにいったんだけど。
その時、少し話をして、私はサカさんに付いて、音の勉強をする事にした。
映像も楽しいけど、音にもとても興味がある。

サカさんに言われた。
「ムトー(モトカレ)が抜けて、会社には今音が居ないでしょ。
俺も手伝ってるけどやっぱ常勤で音は必要だよ
お前、後釜やっちゃえば?」
って。

後釜なんてそんな気は無いけど、音には興味があるし、なにより
会社に空いたポジションがあるなら、そこに入って必要とされたい。

他のバイトより少しカメラができて雑用もそこそこやる女の子じゃなくて
ちゃんと任せられる一人のクルーとして会社に居たい。

とにかく興味がある。
現場の時にはカメラはもちろんやるけど、サカさんにこき使ってもらって
音も覚えよう。
夏の繁忙期に少しでも力になりたい。

アイツの音を越えたい。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-11 21:32 | 現場日誌
学校のPCより
■今日は学校でドラマ制作の打ち合わせだった。
 素直に楽しかった。
 頭使うと疲れるけど、一日が長くて充実してたような気になる。
 いいんじゃん。
 あたしはMC係りになったけど。
 事務的な進行。
 業界ではなんていうのか知らないけどさ。
 まあいいんです役職名なんてどーでも。

 なんだかとっても嬉しいし楽しい。
 


 よーし今日も扇屋。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-08 17:54 | 日常生活
シアワセナシアワセナ2
f0021867_2275559.gif

シアワセ。
が戻ってきた私のもとに。

と、いうより私がシアワセという感覚を思い出した。
気持ちがとてもおちついてきた。

こーいうときは他の何かに一生懸命になるに限るよね。

憧れのドレッドのゴローさんと電話で話したとき言われた事を思い出した。

「自分が笑っていられる、気持ちいい時の気分を思い出せるか?」

そのときは思い出せなかったけど、思い出した。
この感覚を忘れまい。

明日駄目でも今日がシアワセならそれでいい。
今日が駄目でも明日シアワセならそれでいい。

「いつもゆるーく生きるにはそれを忘れちゃいけねーんだよ」
だって。

俺みたいなヤツに憧れて真似しちゃ駄目だってゴローさんは言ってたけど
やっぱりあたしの中で一番かっこいいのはゴローさんだから
幼い私はかっこつけて大人ぶって彼の真似をしてしまう。

なんか色々言われたけど、それしか覚えてない。
都合の悪い事は忘れた。
ま。いっか。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-06 21:17 | 日常生活
実に使い勝手がいい。
怒りという感情は実に使い勝手がいい。



昨日一日ずーっと、元彼に対して何が引っ掛かっているのか考えていた。
が。
うーんさっぱり出てこない堂々巡り。。(〃_ _)σ∥
彼は社長と連絡を取っているらしい。
…なんかムカツク。
あたしは会社に請求書出しに行くのも気まずくて、事務所の前まで行って逃げる、みたいな事を繰り返しているのに。
悔しい。
私からはたくさんの物を奪っておいて、自分は会社も辞められて、金もなんとかなりそうで。
7月中旬には帰るらしい名古屋に。
正直、どこまで自由勝手なの。
あんだけ会話の全体数少なかったら何が何かさっぱり分からんわ。

ふう。

日記を読み返すと見事に毎日感情が起伏してて面白かった。
で。
今日はこんな感じ。

携帯から初投稿。
[PR]
by frog-ing | 2006-06-06 11:29 | 日常生活
キました。
先日先輩のおうちへ行って、自分が子供だった事が分かって
ちょっとスッキリすると共に、次に来たのは失恋の波。

ちょっと前の日記でも予告したけど、ここまで来たら大丈夫だと思う。
こっからは無理やり思い出さないようにでもして、忘れるしかない。
ここからは、もう何も得るものがない。
この前までの、非力な自分や崩れた彼を、なんとか映像に起こす事に専念する。

もう、友達にも出来るだけ彼の話はしない。
私がここから抜け出せていない事で1人の友人を苦しめているようだから。

もしかすると去年の、彼と付き合う前の私に逆戻りしてしまうかもしれない。
そんな不安が胸を掠めるけど。
この半年間でたくさんのものを得たことに間違いは無い。
親愛なる友達や、仕事への姿勢。落ち着き。色んな考え方。人の愛。

それを信じて、LIFEisLUSTYで。




今日は朝から学校へ。編集が終わらないんだよぅ。

夜からはクラスの男の子と2人で呑みに行く。
さてさて。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-04 08:05 | 日常生活
お泊りしちゃった
昨日は制作会社のバイトの先輩の家で呑みっ。

あの事件以来、会社関係者に会うのは初めてだったのでちょっと緊張する。

今までのあらすじを話して、もう泣かないだろうと思ってたのに。
「いくみちゃん頑張ったね。大変だったね」
って言われて涙がポロリ。

彼氏のことも会社の事も割と深く知っていて、そんな人にそーいう風に言われて。
っていうかそう言ってくれたのは多分初めてで。
絶対この人たちにも、彼氏のことは悪く言われると思ってたから。
私のほうを見てくれて嬉しかった。

終始、私の事を子供扱いしてくれて、ナゼだがとても安心した。

自分が子供だったという事が、今回の彼のことに対しての私の唯一のいいわけだから。

きっと社会に出れば、もう何年かすれば私にも完全に分かる日が来る。
双方の。
今回事件に関わった人たち全員の言っていた事が分かる日が来る。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-03 02:18 | 日常生活
   

過去の自分。見せたくない面でもある
by FROG-ing
> 最新のトラックバック
blanco faucets
from blanco faucets
american cur..
from american curves
mariah carey..
from mariah carey s..
peeping camera
from peeping camera
egg laying c..
from egg laying chi..
> ライフログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧