> 著者紹介
icmi(19)女


専門学校で映像の勉強中
実験映像で洗脳されてます

学外では、舞台撮影の映像制作会社でビデオカメラマンのアルバイト。
一チョ前にもうカメラ回してますよ。


--------------
*book mark*
-blog
*対角線の筒抜け蓮根ダイアリー
*大和女幸@IRO
-place
*KAMOME


> お気に入りブログ
> 研修終わりぃー!
・会社の研修終わりました。
音の勉強をさせてもらいました。
楽しい。けど。なんだろな。

・会社の新人の1人が工学院の研究生出身でした。
諏訪さんとかのいっこうえで先輩でした。
HARADA一家でした。
ぎゃーす。ぎゃーす。助けてー。

・現場終わった後に社長と音の先輩とで呑みに行きました。
あれ以来じっくり話すのは初めてで、未知の事実がいくつも飛び出ました。
まあまあ。

あたしは社長とおやっさんの二人のあいだでは首を切ることになっていたらしいです。
社員であったムトー(29)と付き合った挙句、この結果。
親に申し訳が立たない、ということで。
未成年だし。この事実にびっくり。
首を切られるのは、無断外泊で親が会社にケチつけた別件だと思っていたから。

それを止めてくれたのは社長の奥さん。
ムトーが居なくなったときも一晩話を聞いてくれて色々解決策を提示してくれて
本当にお世話になりました。
今のicmiから会社を奪ったら、ほんとに何もなくなっちゃうよ、と。
言ってくれたらしく。
本当に嬉しい。本当に感謝してる。

・次。
あいつ風俗通ってやがりました。
何が仕事が忙しいからだ。
余裕が無いからだ。くっそー。
社長、現実を見させてくれてありがとうございます。
もう男の言うことなんて信じないぞ。

あたしはあいつをなめてたな。
周りが言うほど悪い男じゃないと。
実はタダのヘタレだと。思ってた。
マジで何も知らなかった。追求もするのは好きじゃないし。
ここまで来たらしょうがない。とことん悪い男に引っかかったと思って諦めよう。

でも笑えてきた。
どこまで自由なんだアイツは。
そーゆうとこを好きになったんだけどね。
しかし器用なのか不器用なのか分からない男だ。
今は関内のパチスロで生計立ててるらしい。

・最後。就職の話。
音響のサカさんが社長に
「icmiを社員で雇っちゃったらいいんじゃないんですか。」
と切り出した。実は私も気になっていたところ。
社長は一言。
「絶対無い。」

・・・・ショック。
なんで。現場、今常勤になったアイさんより出てるじゃん。
そんな使えないすか。
と、思ったら。

「バイトからそのまま社員って。駄目。」
と。
「せっかく工学院はいったんだから、卒業して、どっかいい会社はいれ。」
で。
「今はうちの会社しか見えてない。もっと1年間なり何年なり、他で働いて、
それでもうちがよかったらウチにこい」
と。
「もっと視野を広げて。力付けて来てくれたら嬉しいし。」

感激。
サカさん曰く、将来的には欲しいって言ってくれてるんだから
外で頑張ってこいよと。
頑張ってきます。
嘘でも気休めでもなんであっても、こう言ってくれる人たちが居るのはありがたいこと。
[PR]
by FROG-ing | 2006-07-12 13:32 | 現場日誌

過去の自分。見せたくない面でもある
by FROG-ing
> 最新のトラックバック
blanco faucets
from blanco faucets
american cur..
from american curves
mariah carey..
from mariah carey s..
peeping camera
from peeping camera
egg laying c..
from egg laying chi..
> ライフログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧