> 著者紹介
icmi(19)女


専門学校で映像の勉強中
実験映像で洗脳されてます

学外では、舞台撮影の映像制作会社でビデオカメラマンのアルバイト。
一チョ前にもうカメラ回してますよ。


--------------
*book mark*
-blog
*対角線の筒抜け蓮根ダイアリー
*大和女幸@IRO
-place
*KAMOME


> お気に入りブログ
> きました遂に初現場
■昨日はあの一件以来、初の現場。

前日に社長から電話がかかってきた。
「もうバイト出れそうか?」
って。
それだけで優しさを感じた。

逗子の合唱演奏会の現場。
メンバーを会社のサイトのシフト表で確認する。
こないだ呑みに行った先輩二人と社長と
私がモトカレに片思いをしてるときから私たちの事を知っていたMAさん。
と、最近準社員になった同期で、彼が居なくなった事を真っ先に教えてくれた人。
(去年10人以上バイトとして入って残ったのは私と彼のみなのだ)
+その日がはじめての新人さん。
の6人だった。
優しさを感じたシフトだった。

でも。

しょっぱな同期に挨拶しても冷たく返された様な気がしたり、
MAさんに挨拶してもシカトされるし
(後から聞いた話だと、ネタでシカトしたものの私が食いついてこないから焦ったらしい)
社長にも新人に私の紹介をするときに
「一年前から居るicmiっていう子。要注意人物だから気をつけて」
って言われて冗談だとは分かっていつつも
「要注意ってなんなんすか!」
ってつっこんだら
「要注意だろうが!」
って言われてマジで落ちてみたり。

そんなこんなでホンキで辞めるつもりだったんだけど。

昨日は準社員になった同期のアイ君が初スイッチャーで。
そのことだかなんだか忘れたけど、なにかで話しかけられて、
それがすっごいいつも通りでそれが凄い嬉しくて。

その後は皆と普通に話ができて、
モトカレの残していった仕事のあとを引き継いでいるサカさんとも(彼はフリーの音職人)
「最近、こっちの仕事ばっかですか?」
「ああ。尻拭いな(笑)」
っていう会話が出来たり。

帰りも、事務所に向かう車に直帰の予定だった私を無理やり乗せてくれたり。
「いいから載っとけ!」
って。

車内では社長がこないだ呑んだ先輩二人の関係を疑っていて
「いいかー!社内恋愛は禁止だからなっ!」
「ごめんなさーい!もうしません!」
「笑」
って。
なんていうかな徐々に気を使わずに話をしてくれたんだ。

すっごい人の温かさを感じたんだまじで。

事務所についても、制作主任が
「お。久しぶりの顔だ(笑)」
って笑って迎えてくれた。

元彼の残していったものを遺品って言ってネタにしてみたり。

この場所に戻ってこれて本当によかった。
本当にダイスキだ。
気を使わないといけないし、面倒くさいし、ただの小娘だし
切ろうと思ったらカンタンに切れるのに、まだ私を使ってくれる。
本当に嬉しい。
この会社の力になりたい。

その後みんなでご飯をいつもの定食屋さんに食べにいったんだけど。
その時、少し話をして、私はサカさんに付いて、音の勉強をする事にした。
映像も楽しいけど、音にもとても興味がある。

サカさんに言われた。
「ムトー(モトカレ)が抜けて、会社には今音が居ないでしょ。
俺も手伝ってるけどやっぱ常勤で音は必要だよ
お前、後釜やっちゃえば?」
って。

後釜なんてそんな気は無いけど、音には興味があるし、なにより
会社に空いたポジションがあるなら、そこに入って必要とされたい。

他のバイトより少しカメラができて雑用もそこそこやる女の子じゃなくて
ちゃんと任せられる一人のクルーとして会社に居たい。

とにかく興味がある。
現場の時にはカメラはもちろんやるけど、サカさんにこき使ってもらって
音も覚えよう。
夏の繁忙期に少しでも力になりたい。

アイツの音を越えたい。
[PR]
by FROG-ing | 2006-06-11 21:32 | 現場日誌

過去の自分。見せたくない面でもある
by FROG-ing
> 最新のトラックバック
blanco faucets
from blanco faucets
american cur..
from american curves
mariah carey..
from mariah carey s..
peeping camera
from peeping camera
egg laying c..
from egg laying chi..
> ライフログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧