> 著者紹介
icmi(19)女


専門学校で映像の勉強中
実験映像で洗脳されてます

学外では、舞台撮影の映像制作会社でビデオカメラマンのアルバイト。
一チョ前にもうカメラ回してますよ。


--------------
*book mark*
-blog
*対角線の筒抜け蓮根ダイアリー
*大和女幸@IRO
-place
*KAMOME


> お気に入りブログ
> 広いよ視野とか色々
■ちょっと間が空いちゃったな。
それだけ毎日充実してたって事ですかね。
なんて奇麗事はやめにして今日もダラダラ綴ろう。

■ここ数日いろいろな事があった気がするのだけど
実はそれは昨日という一日に凝縮されているようです。

・私が嫌悪感を抱く人間はこの世に居るのでしょうか。
・・・・まあいくらでもいますけどネ実際。
今日バイト先の人に
「どーしてそんなだめな男が好きだったの?」
と聞かれた。
うーん。ダメって・・なにがダメかな。
ギャンブル好きってとこ?
わりとロリコンってとこ?
急に会社やめちゃったりしたこと?
亭主関白なとこ?
もう三十路ってとこ?

私はステータスでは人を好きになったり嫌いになったりしないようだ。
学歴、趣味(色んな意味で)、社会的地位などなど。
ステータスはオプションサービスみたいなもので、それに興味は持てど
好き嫌いにまでは反映させる力は無い。

まあ気に食わなかったら嫌いだし、興味が湧いたら好きだ。

でも基本的に嫌いな人間はいない。
嫌いでもどこか好きなところが一つはある。
あのルワンダの高校教師だって、大嫌いだけど話のネタになるから私は好きだ。

もしかしたらとても酷いことを今日は口走っているかもしれない。

でも。
最近は何を見ても、誰と居ても、何をしてても楽しくて顔が綻ぶから
たまにはこうやって負の事を考えてみるのもよい。と想ったのだ。

そもそもこんなことを考えようと思った発端は
「どうして最近何に対しても面白いと思えるんだろう」
と思ったからだ。

何事も面白がる。

母校のリード狂の吹奏楽顧問の恩師もそうだ。
人生を楽しんでいるというよりは、面白がっているように見える。
人がケンカをしていても、正面からそれをみて面白がっているかのような。
そんな表情で彼はいつも話しをする。
実は彼のあの片足重心な「休め」の姿勢表情に少し憧れていたりする。

まああたしはそこまで客観的にものを見られるほど器でかくないんだけどな。


・少し話は繋がるが、ここ数日で、以前に比べて肝が座ったように思える。
原因は恐らく彼だろう。
モトカレだろう。

-ある日突然「会社を辞めます」のメール一通残して行方不明になった。
しかし二日後に姿を現し、更に二日後に私は別れを告げられた。
彼は精神的に追い詰められていた。のだろう。
でなければ、誰が10年勤めた会社をそんな形で辞めるだろうか。
何も出来なかった自分。
会社側と彼側、どっちの話を聞いて、彼にどう接すればよいか分からなかった。
そして何も出来ないまま、地元へ帰るからと別れを告げられた自分。
1週間考えとおして、自責の念を振り払い、新しい一歩を踏み出した。
例えば、また彼と会うとして、
そこでズルズルっと何かあってもそれはそれで面白いじゃん。
と、アッケラカンと言えるほどまで、気持ちの整理がついた。

ただ書いていて思った。

肝が据わったのか、ネジが数本抜け落ちたのか。

まあどっちにしても今の自分はわりと好きだ。
[PR]
by FROG-ing | 2006-05-25 02:35 | 日常生活

過去の自分。見せたくない面でもある
by FROG-ing
> 最新のトラックバック
blanco faucets
from blanco faucets
american cur..
from american curves
mariah carey..
from mariah carey s..
peeping camera
from peeping camera
egg laying c..
from egg laying chi..
> ライフログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧