> 著者紹介
icmi(19)女


専門学校で映像の勉強中
実験映像で洗脳されてます

学外では、舞台撮影の映像制作会社でビデオカメラマンのアルバイト。
一チョ前にもうカメラ回してますよ。


--------------
*book mark*
-blog
*対角線の筒抜け蓮根ダイアリー
*大和女幸@IRO
-place
*KAMOME


> お気に入りブログ
> コース(ゼミ)打ち上げ
f0021867_21355276.gif


■作品が学年上映会の出品作品に選ばれました!やった!
この間まで取り組んでいた課題の一つ前、「ある男(ドキュメンタリー)」が選ばれました!!」

バイト先の映像制作会社の社長を追っかけた、「ある若社長」というタイトルの作品です。
舞台撮影の会社で、最近有限会社として独立したばかりの若い会社です。
しかも社長は26歳。

うちの学校って、映像専門学校ってんで当たり前なんですけど
「大手に就職だ!」
「TV業界に入るぞ!」
「フジだ日テレだ!」
って、暑苦しいんですよ。
大手に入ってこそ、みたいな。
その会社が何作ってるか知りもしないくせに名前だけで凄いって騒ぐ。
先生にけしかけられて、盛り上がってる様に私には常々思えていました。

それに嫌気がさして、技術系のカメラコースから
一人で作品を制作する一匹狼系のショートムービーコースに移ったのです。

とにかく。
そんな学生達に、こんな映像の世界もあるんだということを見せてやりたくて
「ある若社長」を作りました。

なので、学年200人の前で上映する事ができるのはとても嬉しく思います!!よっしゃ!

■昨日、ショートムービーコースの修了上映会がありました。
朝10時~18時過ぎまでそれぞれが選んだ作品を一本づつ、講師5人の先生方に見てもらい、言葉を頂きました。

「もっと肩の力抜いて作っていいよ。崩し方を知ってもいいかもね。」

と言われました。うう。

来年のテーマは肩の力を抜いて映像を楽しむ事です。


■その後、蒲田の土間土間で打ち上げ★=*
はじめは、なかなか先生方に話が出来なかったcumですが、勇気を出してポン。
「自分の想いを映像に乗せるにはどーしたらいんですか!!」
と質問しやした。
「ドキュメンタリには、自分を表に出して伝える方法と、客観的に自分を殺してじーっくり相手を描き出す方法がある。今回のcumの作品は後者だろうから、対象を表す映像素材を多く加えれば、より全体に深みがでる」と、言われました。
うーん、なるほど。どちらでやるにせよ突き詰めなくてはいけないのですね。

■2次会まで行きましたが、大変楽しかった!
進級が危ぶまれていた私に
「cum-!!来年も一緒に頑張ってやってこーなあ!!」
と帰り際に先生にハグされました。普段はクールな人なのに。43歳・・・。

■忘れないように書いておこう。
「今の自分を受け入れて、認めなければ未来の自分はない。」
と、講師の先生に言われた。
「「肩の力を抜け」って言われたって言うけど、お前抜けてるだろ肩の力。
人のいうことなんて気にすんな。惑わされるなよ人に」
とも。

■ベロンベロンの状態で彼の家へ。ゴメンね。
好きだとか幸せだとか、酒が入ってないと貴方に言えないんです。
[PR]
by FROG-ing | 2006-03-02 22:18 | 日常生活

過去の自分。見せたくない面でもある
by FROG-ing
> 最新のトラックバック
blanco faucets
from blanco faucets
american cur..
from american curves
mariah carey..
from mariah carey s..
peeping camera
from peeping camera
egg laying c..
from egg laying chi..
> ライフログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧